*

猫や犬の花粉症の目薬&ドイツに居ても日本の動物病院に頼る。

   

3月 ドイツ 猫 アレルギー 花粉症

 

 

今日も覗きに来てくれてありがとう~~~♪

 

春ですね~暖かくなって来たね~

陽も伸びて明るくなってきたドイツ♪

そして・・・

あるんだよね~ドイツにも。

花粉症とやらが・・・(>_<)

 

 

しゃて、本日は・・・

 

春になり、ここのところ風の強い日が多いドイツ!

日本と違ってスギ花粉がないので、ヒトは楽だけど・・・

 

 

 

↓うちのうたこは色々とアレルギー体質・・・ぎゃふん!

3月 ドイツ 猫 アレルギー 花粉症

今年もこんなお目目に・・・。

痒いのでどんどん掻きまくる~!

や~め~て~~~と言っても、聞くわけがない(^_^;)

 

こうなると目薬を使わないと酷くなってしまうのよね。

そこで今使っている目薬をご紹介。

勿論、動物病院へ行って診察してもらって薬を出してもらうのが

一番いいと思うが・・・

ここはドイツなので、予約だの・・・

説明だの・・・大変だったりもする ←おばしゃんだけか^^;

薬局で買える薬があれば助かるのだ。

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

ドイツの薬局で買える目薬。

 

↓こちらは去年alpenkatzeさんに教えてもらった目薬。

 

WALA社の目薬。

ドクターハウシュカという自然コスメメーカーのもの。

3月 ドイツ 猫 アレルギー 花粉症

 

詳しくはこちらのサイトをどうぞ→

ハーブが使われている点眼薬。

 

日本でも買えるみたいだけど、高いね~~~(。´・(ェ)・)

まあ、日本に住んでいるならドイツよりも簡単に動物病院へ行けるからね♪

 

この目薬を目を掻き始めたらなるべく早く使う。

うたこの場合は、1本を朝、昼、晩と3回に分けて使用。

1日使うだけでその後2日位で治まる。

 

でも、治っても花粉が飛んでいるわけだから・・・

上の写真のようにお目目の周りが赤くなるたびに使用するのよね~^^;

1日に3回使っても余っていたりする時があるので

その時は反対側の目にも点眼しておくと予防になると思う。

 

勿論人間用なのでおばしゃんも使っている♪

わんこのタビイも使う。←お目目が大きくて飛び出ているから、時々しょぼしょぼなるのよ・・・

 

今年はこれで問題なく乗り切っている~(*´I`*)v

 

去年は大変な事になっていたのだ。。。

 

でもその時に日本での掛かり付けの獣医さんにお世話になり

「ドイツに住んでいるのに、そこまで・・・」とありがたい気持ちになった。

 

日本の獣医さんのお蔭で目薬がドイツに届いたお話。

 

去年の4月の初め頃

アホアホ夫婦は地獄の職場から脱出してこちらに来たが・・・

ぼろぼろで倒れる寸前だった(||゜Д゜)ひぃぃぃ

 

そんなある日、うたこの顔が腫れてしまったのだ!

花粉症で掻きまくった事にも気がつかなかった・・・(T_T)

 

そんな時にalpenkatzeさんからドイツの獣医さんに勧められた

市販の目薬の事を教えてもらったわけで。

 

しか~し、目だけではなく顔が腫れちゃったので治らず・・・(T_T)

 

近所の動物病院に駆け込んで、言葉が出来ないので

殆どジェスチャーで乗り切り ←本当は乗り切れてはいない・・・

 

診察してもらった結果、瞼の内側に傷が出来てた。

 

病院から目薬が出され、2,3日で良くなると思うと言われ

もし、1週間経っても治らなかったらまた来てくださいと。

 

5日経っても良くならず・・・

この時になってやっとうたこが日本でもアレルギーで

目薬をもらっていたことを思い出す(;一_一)

 

その時の薬と同じ物をこちら(ドイツ)の獣医さんから

出してもらおうと思い、妹に連絡した。

この頃、妹の家のわんこのまるちゃん(今はお空の住人)が

毎日通院していたので院長先生に理由を話してもらい

薬の名前を教えてもらった。

 

 

でも残念なことに、こちらの病院では同じ薬はないと・・・(。´・(ェ)・)

また違う薬が処方された。

 

しかし・・・治らなかったのよね・・・。

 

まるちゃんの通院の時に院長先生が妹に

「その後、どうですか?」と聞いてくれたらしく

ドイツの病院には同じ物がなかったこと、

未だに治っていないことを話したら!

 

院長先生はうたこのカルテに載っていた目薬を出してきて

突然、使用方法の説明を始めたそうだ。

「まず箱から出して、液体と粉と2種類入っているのでこれを混ぜます。」

と言いながら目の前でやって見せてくれたらしい。

そして、

「混ぜたら1週間で使い切ってくださいね。」と言われ

 

妹 「えぇ~、じゃあ、この今混ぜた目薬は~~~」と焦ったらしい(○´艸`)

院長先生は 「病院で使うから心配しいないで。」と言って笑ったそうだ。

 

妹 「ドイツですが・・・」と言うと・・・

院長先生 「これドイツに送っても大丈夫ですよ!」と。

ドイツの郵便事情が厳しいのを知っていた妹は

しつこく何回も念を押して大丈夫なのか聞いたそうだ(○´艸`)

 

 

↓そして無事にドイツに届いたうたこの目薬♪

3月 ドイツ 猫 アレルギー 花粉症

助かりました、ありがとうございます!

院長先生は

「また何かあったら相談してください。出来る事はしますから。」

と言ってくれたそうで、とても心強く感じた。

 

海を越えた患者にまでサポートしてくれるなんて凄いと思った。

 

 

娘たちの渡独の時の検疫関係でも何回も行っては

お手数をおかけしたけど、本当にきちんとやってもらえた。

日本を離れてもこうして繋がっていられる事はありがたいね。

 

動物病院、獣医さん等を探すのって難しい。

簡単に「ここはいいですよ!」とは言えない。

院長先生の考え方や治療法など、合う合わないが出て来るので

あえてお勧めはしないよ~。

 

でも、うちの娘たちがお世話になっていた病院が知りたい方はこちら→

 

 

病院にお世話にならないのが一番いいのだけど・・・

ワクチンなどもあるし、どうしても歳をとっていくからね。

みにゃさんも信頼できる獣医さんと巡り合えますように♪

 

 

 

おしまい。

 

 

いつも応援ありがとう~とても励みになります!


 

 

 

スポンサーリンク



 - 猫の病気, 病気